忍者ブログ

日本労働評議会 大阪府本部

労評は労働者の団結のために活動します!

労評トール広島分会・組合ニュース第一号

労評トール広島分会の「組合ニュース」第1号です。

                発行日2016年6月2日 労評トール広島分会発行

トールの問題 

 トールで働いている皆さん、とりわけ集配職の労働者の皆さんは、手取りが20万円そこそこの低賃金で働いています。残業を40時間、50時間したとしても収入はほとんど変わりません。それは賃金対象額から時間外手当を差し引かれて賃金が支払われているからです。こうした低賃金に嫌気が指して、「馬鹿にするな!こんな賃金じゃ食っていけん!」とトラック運転手は次々と辞めていき、集配現場は深刻な人手不足となっています。しかも、しょっちゅう求人募集していますがトラック運転手は、なかなか応募してきません。また入社したとしても残業をして手取り20万円そこそこの低賃金に嫌気が指してすぐに辞めていきます。

なぜ人手不足になるのか

 今、トラック運転手の不足、高齢化、その背景にあるトラック運転手の低賃金、過酷労働が社会問題化しています。トールでも同様で、現場労働者、そして現場を知る人はみんな「トラック運転手不足は深刻。その背景に低賃金がある」という共通認識を持っていると思います。
なぜ低賃金となるのか、残業をしてもなぜ収入が増えないのか。それはトールの賃金規則細則が集配職、路線職において以下のようになっているからです。
(なお、整備職も時間外手当を差し引く仕組みとなっている)
 各要素から計算された賃金対象額(*要するに歩合)が、時間的効率向上により時間外手当(A)を上回った場合は、その上回った額を能率手当として支給する。
         能率手当=賃金対象額-時間外手当(A)
                         (賃金規則細則より引用
 トールの賃金規則細則では賃金対象額を算出するための各要素は、集配職においては配達重量、集荷重量、配達枚数、集荷枚数・・等々となっています。要するに賃金対象額として算出された賃金は、世間一般で言う歩合給です。このように歩合給から時間外手当(A)を差し引いた残りを能率手当として支給しているから、いくら残業をしても収入はちっとも増えません。
集配職のみなさんの給与明細書を賃金規則細則に照らし合わせると「職務給+能率手当〔賃金対象額-時間外手当(A)〕+時間外手当(A)」となり、これでは残業代が支払われていないのと同じです。こうして残業をした分、能率手当が減額される仕組みが、トールの低賃金の原因となっています。このようなやり方は労働基準法37条の趣旨に反し、違法です。

労評トール広島分会の方針

 私たちは、トール全体の労働者のために、またトールと同様に、歩合給から残業代を差し引かれて低賃金で苦闘している交通運輸業界のトラック運転手全体の利益のために労評トール広島分会を立ち上げました。
 トールにおいては、まず残業代(時間外手当)の差し引きを止めさせ、世間並の賃金に少しでも近づけ、人手不足問題を解決しなければならないと思っています。低賃金の解決なくしてトールの人手不足問題は決して解決しません。
そのために「差し引いた残業代分の賃金を過去2年間に遡って全額支払え、今後残業代を差し引くな!」という要求方針をもって活動しています。もし会社が要求を認めなければ裁判を起こして闘う方針です。
 トールの「賃金は低い、残業代を差し引くのはおかしい」と誰もが思っていると思います。このように同じ思い、同じ要求を持つ労働者の仲間が団結して声を上げることで私たちの生活は改善できます。黙っていることは、現状の低賃金、不法な残業代差し引きを認めることと同じであって、いつまでたっても私たちの生活は良くなりません。労働組合は労働者の権利、利益を守るために団結して闘う労働者自身の組織です。皆さん、労評に加盟し、共に闘いましょう。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

日本労働評議会 大阪府本部

TEL・FAX  06-7174-4523 MAIL  rohyo-osaka@kansai.zaq.jp

大阪府本部